タクシーの御用命は
TEL:026-233-1111

  1. トップ
  2. 観光情報
  3. 信州の名水、湧水、ダム、分水施設案内

信州が誇る名水スポットのご案内 


■山国である信州は千曲川・犀川・裾花川・姫川・天竜川などの一級河川があり、北アルプスや志賀高原、秩父奥多摩などの山々から水源を発しています。中には伏流水として湧水している場所も所々にあり、信州の美しい景観を作っています。貴重な水資源は治水・分水・溜池・疎水・用水などのカタチで、私たちの暮らしや生活に役立てています。今回ご紹介する場所(湧水・清水)は、飲水可な場所もあれば不可の場所もありますのでご注意下さい。


千曲川(信濃川)

犀川

裾花川

分水嶺

湧水

ダム

【信州の名水スポット 案内マップ】  地図上のポイントをクリックすると詳細情報が表示されます!


■グリーンシーズンにおすすめな信州の名水スポットのご案内!

姫川源流湧水(白馬村)


日本の名水・百選に選ばれています。白馬村の源流から新潟県を経由して日本海に注ぐ姫川の源流です。
源流周辺にある自然探勝園や親海湿原は、春の雪解けとともに福寿草の花にうめ尽くされます。
福寿草の後は、ミズバショウ、キクザキイチゲ、カタクリ、ニリンソウといった春の花が次々に咲き誇ります。

真楽寺の大沼(御代田町)


御代田町にある真言宗の古刹真楽寺境内にある大沼の池には龍神伝説にちなんだ龍が祀られています。浅間山の伏流水?豊富で綺麗な水が常時湧き出しており、灌漑用水として利用されています。この湧水のすぐ近くには、縄文時代の土器が多数出土した川原田遺跡もあり、縄文人もこの水を生活に使っていたのでは?と想像を掻き立てられます。

上堰の円筒分水(木島平村)


全国各地にある分水(川の水を各地域に均等に分配する)の為の施設。田んぼや畑で使用する水の確保は非常に重要な問題でした。川の水を円筒の筒の中に引き込み噴水の様に湧出させ、出てきた水を各地域に均等に分配させます。地域により型は様々で、中世ヨーロッパのお城の城壁の様な特徴のある施設もあります。

鏡池(戸隠高原) 


天岩戸伝説に出てくる戸隠山を鏡の様に移す鏡池、ここは実は溜池なのです。これ程、自然と一体化した美しい溜池も珍しいです。戸隠高原の冷たい水をここで一時的に温めてから農業用水として利用する事で冷害の影響を受けずに安定して農作物を作る事が出来ます。皆さんが戸隠高原で食べる美味しいお蕎麦は、この溜池の水を利用して育てられたお蕎麦かもしれません。

奥裾花ダム(長野市)


長野市鬼無里、裾花川に立てられた高さ59mの重量式コンクリートダム。奥裾花ダムの上流にある奥裾花自然園は日本最大のミズバショウの自生地で、春は多くの観光客が訪れます。秋も紅葉が美しい場所です。長野市内では、戸隠高原と同等な「自然」を満喫できます。近の道の駅のレストランにある「ダムカレー」は絶品です!

長野市内の用水(疎水)


長野市西部を流れる裾花川と犀川から取水し、県庁などがある市街地を通過してから各地区を流れて最終的に千曲川にそそいでいます。長野市民にとっては、生活の道の隣には用水があるため、当たり前の景色となっています。

中央分水嶺(志賀高原・山田峠)


国道292号(志賀草津道路)の草津白根山レストハウスと渋峠の間にあり、草津白根山、横手山の絶景が広がっています。少し先には雲海・サンライズスポットとして有名な渋峠があります。長野県高山村側に降り注いだ雨は千曲川を経由して日本海へ、群馬県中之条町側に降り注いだ雨は利根川を経由して太平洋に注ぎます。

トップへ戻る

安心と信頼を提供するタクシー会社です  Copyright©つばめタクシー株式会社All Rights Reserved.